株式会社共同土木:建設系産業廃棄物の収集・運搬/中間処理/リサイクルを行なっています 
株式会社共同土木大栄環境グループ
  • HOME
  • サイトマップ
  • Q&A
  • リンク
  • お問い合わせ
環境への取組み 会社案内 施設案内 許可情報 保有車両・容器
リクルート
配車システム

大栄環境グループ 環境への取り組み
共同土木所在地一覧
JWネット加入者番号及び公開パスワード

ISO14001について


環境方針


〈環境理念〉

私たちは、事業の社会的責任を強く認識し、最良の技術とサービスにより、人・地域・地球にやさしい企業を目指し、常に挑戦し続けます。

〈環境基本方針〉

大栄環境グループは、人間・産業・自然とより良いパートナーとなるため、以下の基本方針により、グループで働く全ての人が協力し社会に貢献します。

1.信頼
コンプライアンスの順守と自発的・積極的な情報開示

2.環境
環境負荷・温室効果ガスの低減と新たな価値の創造

3.教育
教育・訓練による環境を意識する人材の育成

4.やすらぎ
花とみどりのサファリパーク活動

制定:2007.04.01
改訂:2020.04.01

大栄環境株式会社
代表取締役社長

金子 文雄

〈環境方針〉

私たちは、廃棄物を通じた資源循環システムの運営及びエネルギーや再生資源の生産等の事業活動により以下のことを実現します。

1.社会における役割と事業を永続させる責任
持続可能な社会実現のため、私たちが担う役割を認識し、家訓実に事業を永続させ、企業としての社会的責任を果たします。

2.環境の保護
事業活動を通じ、生物多様性、環境負荷・CO2排出量の低減、汚染の予防及び資源循環などに取組むため、以下を考慮し目標を定め推進します。
・省エネルギー及び再生可能エネルギーの生産
・資源循環の促進   ・災害の復旧支援
・森林の保全   ・地域社会への貢献

3.ガバナンスの強化
環境関連の法律、条令、協定及び、自ら定めたルールを順守する体制を強化し、コンプライアンスを徹底します。

4.環境パフォーマンスの向上
環境マネジメントシステム、環境方針、環境目標、実施計画を策定・実施・維持し、継続的に改善することで、環境パフォーマンスの向上を図ります。

5.美化・緑化の推進
サイト及び周辺の清掃活動に参加し、美化・緑化に取り組みます。

この環境方針は、組織で働く又は組織のために働くすべての人に周知し、社外に公開します。


株式会社 共同土木
代表取締役社長

 内田 耕太朗

〈適用範囲〉


 1. サイトの範囲
   株式会社共同土木の環境マネジメントシステムの対象とするサイトは、
   当社の全ての事業所(下記6事業所)とする。
@本社
: 埼玉県上尾市原新町26番1号
A東京中間処理工場
: 東京都江東区新砂三T目11番31号
B千葉中間処理工場
: 千葉県千葉市若葉区野呂町1662番1他6筆
C埼玉中間処理工場
: 埼玉県春日部市永沼612番1他15筆
D印西整備事業所
: 千葉県印西市竹袋字弥治右エ門台210-10他3筆
E袖ヶ浦積替保管施設
: 千葉県袖ヶ浦市南袖31番地の一部

 2.組織及び対象者の範囲
   当社の環境マネジメントシステムは、当社の全従業員並びに当社の活動に携わる
   協力会社の従業員に適用する。
 3.活動の範囲
   当社の環境マネジメントシステムは、当社における産業廃棄物収集・運搬及び
   中間処分業務に適用する。
 4.適用規格
   当社の環境マネジメントシステムの適用規格は、ISO14001 [JISQ14001]:2015である。

     





このページのトップへ

サイトポリシー プライバシーポリシー Copyright c 2008-2010 KYODOH All Rights Reserved.